脱・低体温 温活でやった たった2つのこと

温活の目的

温活とは、身体を温めることにより本来持っている免疫力を上げることです。

免疫力は体温が1℃下がると30%低下。

逆に1℃上がると最大5~6倍アップするともいわれており、体温を上げることが健康維持に重要なことがよくわかります。

 

平均体温

日本人の平均体温は36.89℃。

35℃台の筆者はこれを聞いて 正直驚きました。

体温が低めの人にとっては発熱??と思ってしまうレベルですよね。

 

温活でやったこと

とにかく体を冷やさないこと。

温めるというより「冷やさない」イメージで取り組みました。

やったことといえば゙…

1.生姜湯

2.入浴

この2つだけ。

生姜は簡単に手に入り、いろいろな料理に使えますね。

生姜湯じゃなくても、味噌汁や炒め料理にも良く合います。

朝晩2回、コップ半分ぐらいの量を飲むようにしました。

入浴は当たり前!

と言われそうですが、普段はシャワーで済ませることが多い人もいるはず。

筆者もそのひとりです。

 

他にもある温活

暖かいものを飲む

運動する

規則正しい生活

腸内環境を正常に保つ

 

冷えが原因の不調

 

頭痛や肩こり、イライラや手足のしびれ。

夜中に何度もトイレに起きるなど。

血流が悪く「冷え」が原因かもしれません。

 

温活の効果は人それぞれ。
少しずつ生活習慣を見直し、温活ライフを楽しんでください。

 

関連記事

ページ上部へ戻る