ダイエットと断捨離と

 

去年のクリスマス頃から始めたダイエット。 わずか4ヶ月でマイナス16㎏という結果が出たのだが、今思い返せばみるみる体重が減り、洋服がブカブカになっていく様は実に楽しい日々であった。

幼少の頃からいわゆる「肥満児」として育ち、40年余りを肥満体型で過ごしてきた筆者だが、40台にして初めてBMI(体格指数)が標準値になるという経験をして(ほぼ自己満足であるが)人生が変わったひとりである。 最終的には半年で20㎏のダイエットに成功した。

詳しくはダイエットの章をご覧いただきたい。

 

ダイエットを始める少し前のことだが、断捨離にはまった時期があった。 ミニマリストについて書かれた本を読んだことがその発端なのだが、精神的にもよろしいらしくマネをしてみることに。

服や靴を皮切りに、あらゆるものを処分した。 「もったいない」と言われそうだが、私から言わせれば 不要な物を置く空間の方がよっぽどもったいないのである。 今では自宅、車内、会社のデスクも実にスッキリしていて最高に気分が良い。 コツは「迷ったらゴミ箱へ」である。

1年も袖を通していない服は、この先もほぼ活躍する機会はないであろう。 サイズが合わない服は取っておいても仕方がない。 「必要ならまた買えばいい」と割り切ることをおすすめする。

 

断捨離とダイエットの関係性については、正直言って確証はない。

ただ、物事を内側に溜めない・持ち込まないという意味ではダイエットも断捨離も似たようなものかもしれない。

本当に必要な時に 良いものだけを厳選して取り入れる。 あらゆるものが簡単に手に入る時代、物(食べ物や情報も含め)を「溜める」という行為は必要なくなってきてるのかもしれない。

体脂肪も不用品も少ないほうが良いと私は思う。  

 

関連記事

ページ上部へ戻る