おすすめ通勤用自転車

 

片道15分程度の通勤にこれほど悩むことになるとは思ってもみなかった。

糖質制限で20㎏のダイエットに成功したわけだが、絶対にリバウンドしたくないという思いから、食事に細心の注意を払うと同時に 運動も取り入れることに。

ダイエットについては健康のカテゴリーを参照いただきたい。

初めはママチャリ一択だった自転車選びも、時間が経つにつれ選択肢が増えてしまった。

結果としてはあのメーカーの自転車にしたのだが…

 

ママチャリ

カゴとスタンド付き、価格が安いという理由で、当初はママチャリばかりを見ていた。

インターネット通販でも手軽に買えるが、ホームセンターや量販店での購入も視野に入れて検討していたが、どれも同じに見えてしまい、時間が経つほど決まらない状況になっていた。

なんといっても価格が安く、もし盗難にあっても諦めがつくという思いもあった。

 

 

マウンテンバイク

以前、TREK→KONA と乗り継いだこともあり、海外メーカーのマウンテンバイクも選択肢に。

街中しか走らないとは言え 凹凸や段差は多く存在し、サスペンション&ギア変速の走破性にはやはり魅力を感じる。

ただ、スタイリッシュさに欠けるというか、街中を走るマウンテンバイクを見ていると少し違和感を感じる。

高校生ぐらいまでならいいが…

 

 

ロードバイク

高額なものになると100万円を超えるモデルもあり、本格的に走りを極めたい人や、レースに出るような人には必須のカテゴリー。

カッコ良さではダントツNo.1

車道を颯爽と走り抜けるイメージが強く、街中をチョロチョロ走りたい人には不向き。

ダメではないが、不似合い。 盗難の確率も一番高そう。

 

 

クロスバイク

シティサイクルとスポーツバイクの中間のようなカテゴリーの自転車。

街の風景にも溶け込みやすく、スポーティな走りもしてくれる。

悪い言い方をすると、中途半端な部類なのかもしれないが、使い勝手は抜群に良さそう。

 

 

ミニベロ

あの独特のバランス感がたまらないミニベロ。

かわいくもあり、カッコよくもある。 近距離の移動なら 全然アリ。

デザイン的には好きだが、案外 値段が高い。

 

 

折りたたみ自転車

折りたたみ自転車の魅力はなんといってもあのサイズ感。

車に積んで 知らない町をサイクリングするのもいいですね。

サスペンション付きのタイプもあり 1台あれば 家族みんなで乗れそう。

 

 

自転車選びのポイント

ここまで、勝手な主観でいろいろと書いてきたが、結局どれがベストなのか。

どの種類の自転車も一長一短あり、好みも人それぞれ。

ひとつ言えることは 「価格だけで選ばないこと」 です。

安くてもすぐにサビだらけになってしまっては、大切にする気もなくなりますよね。

大切にできない→メンテしない→壊れる。

最悪 事故る。 本

当に気に入った一台を手に入れましょう。

 

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る